週報

週報:2020-21・10月第三週

投稿日:

10/18(日)京都9R・もみじステークス(OP・芝1400m)

アスコルターレ(大和魂5位指名)

2014年から芝の1400mのオープン競争として復活した同レース、近年の勝ち馬にはレッドアンシェル、ダノンスマッシュ、ラウダシオンとその後の短距離~マイル戦線での活躍馬を輩出しています。暮れの2歳G1や翌年の桜花賞、NHKマイルにつながる1戦はジャカランダレーン(がくじん氏8位指名)が1番人気、アスコルターレ(大和魂氏5位指名)が2番人気でレースに挑みます。

ヒトヨギリが好スタートで先手を奪い逃げる展開に。ジャスパーメジャーが押して2番手に上がり、アスコルターレジャカランダレーンは離れた第二集団の先団でレースを進めます。そのまま4コーナーを回り、直線に入ると外のジャカランダレーンが鋭く伸びるも残り100mで足色に翳りが。内のアスコルターレは追われて力強く伸びると、最内で粘るヒトヨギリをゴール前で差し切り、クビ差で勝利しました。

前走のダリア賞では後方からの競馬で差し届かず5着でしたが、今回はしっかりと差し切り3戦2勝でオープン勝ちを収めたアスコルターレ。レース後放牧に出ており、次走は12/20の阪神・朝日杯FS(G1・芝1600m)の模様です。

10/18(日)京都9R・もみじステークス(OP・芝1400m)

アスコルターレ 牡 栗東:西村真幸厩舎所属

父ドゥラメンテ 母アスコルティ 母父Danehill Dancer

今週の勝ち馬

ヨーホーレイク(十具氏1位指名)

10/17(土)京都9R・紫菊賞(1勝クラス・芝2000m)

5頭立ての少頭数で重馬場でのレース、まずますのスタートから道中は逃げ馬から少し離れた第2集団を追走。3コーナーでレースが動き、直線で追われると外から力強く伸び、グラティトゥーとの追い比べを制しクビ差で勝利しました。

ヨーホーレイク 牡 栗東:友道康夫厩舎所属

父ディープインパクト 母クロウキャニオン 母父フレンチデピュティ

アカイトリノムスメ(あるど氏2位指名)

10/17(土)東京2R・2歳未勝利(芝1600m)

スタートが一息も二の脚でリカバーし道中は中団を追走。そのまま4コーナーを回り、直線で追われるとじりじりと伸びてゴール前でレ―ヴドゥラプレリを交わして勝利しました。

アカイトリノムスメ 牝 美浦:国枝栄厩舎所属

父ディープインパクト 母アパパネ 母父キングカメハメハ

ヴァイスメテオール(インヴァソール氏2位指名)

10/18(日)東京5R・メイクデビュー(芝1800m) 

まずまずのスタートから道中は2番手を追走。そのまま4コーナーを回り、直線で先頭に立つとじりじりと伸びて後続の追撃を凌ぎ切りました。

ヴァイスメテオール 牡 美浦:木村哲也厩舎所属

父キングカメハメハ 母シャトーブランシュ 母父キングヘイロー

ベッラノーヴァ(がっちょ氏8位指名)

10/18 東京4R メイクデビュー(芝1400m) 

まずまずのスタートから道中は中団を追走。4コーナーを回り、直線で追われると鋭く伸びて逃げるロジプリンをかわし、1馬身3/4差で勝利しました。

ベッラノーヴァ 牝 美浦:金成貴史厩舎所属

父エピファネイア 母べッラレジーナ 母父ネオユニヴァース



-週報
-,

Copyright© POG GRAND PRIX , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.