週報

週報:2020-21・6月第三週

投稿日:

今週の勝ち馬

シュヴァリエローズ(大和魂氏9位指名)

6/21(日)阪神5R・メイクデビュー(芝1600m)

まずまずのスタートから道中は先団の外目を追走。そのまま4コーナーを回り、直線で追われると力強く伸びて外のブレイブライオンとの追い比べを制し3/4馬身差で勝利しました。

シュヴァリエローズ 牡 栗東:清水久嗣厩舎所属

父ディープインパクト 母ヴィアンローズ 母父Sevres Rose

ブルーシンフォニー(だい氏3位指名)

6/21(日)東京5R・メイクデビュー(芝1600m)

スタートが一息でしたが、徐々に進出して道中は中団を追走。そのまま4コーナーを回り、直線では一度内に進路を求めたものの前が空かず、残り200mから外に出されると一気に伸びて先行勢をまとめて差し切りました。

ブルーシンフォニー 牡 美浦:伊藤圭三厩舎所属

父スクリーンヒーロー 母ブルーストーン 母父コマンズ

ブルースピリット(デュランダル池添氏6位指名)

6/21(日)函館5R・メイクデビュー(芝1200m)

まずまずのスタートから道中は中団を追走。4コーナー手前から進出し、直線の入り口で外に出されて追われるとメンバー中最速の上がりの脚で一気に先頭に立ち、そのままゴールしました。

ブルースピリット 牡 栗東:中内田充正厩舎所属

父Invincible Spirit 母Jasmine Blue 母父Galileo

短評

前年度王者大和魂氏は開幕三週目で早くも三頭目の勝ち上がり。PGP指名馬5頭出走の新馬戦を9位指名のシュヴァリエローズで勝利し、指名馬の層の厚さを見せつけました。

サテライト勢はデュランダル池添氏と初参加のだい氏が共に今季初勝利。だい氏は参加初年度初出走で嬉しい初勝利となりました。

ブルーシンフォニーの父スクリーンヒーローは2歳戦で早くも産駒が2頭目の勝ち上がり。モーリス、ゴールドアクターとスクリーンヒーロー産駒は古馬で活躍が目立ち、どちらかといえば一発屋の印象がありましたが2017年度より種付け料が700万円になったことから繁殖牝馬の質が一気に上がったのでしょうか。今年のフローラS勝ちでオークス2着のウインマリリンも今まで比較的走らないといわれた牝馬ですし、産駒の傾向に変化が見られています。子のモーリスばかりに注目が集まっていた今季ですが、父の意地をみせる活躍ぶりです。



-週報
-,

Copyright© POG GRAND PRIX , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.