重賞回顧

’19-20重賞回顧:桜花賞・デアリングタクト

投稿日:

無観客、大雨の中行われた2020年の桜花賞は2番人気のデアリングタクトが大外から眼の覚めるような末脚で勝利しました。

杉山調教師、父エピファネイア、馬主のノルマンディーオーナーズクラブが初のG1勝利という結果は、新型コロナウイルスの影響で欝々としていた多くの競馬ファンが喝采を挙げたのではないでしょうか。(もちろんそんなことはない、という方も多くいらっしゃるとは思いますが)

サンデーサイレンスのクロス

デアリングタクトはサンデーサイレンスのクロスを持つ馬として初めてのG1勝ち馬となりました。過去の重賞勝ち馬ですと パッと思いつくところですとキョウヘイ、トラスト、ノットフォーマルあたりでしょうか。G1では結果が出ていなかったインブリードですが、 血統評論家の望田潤さんの言葉を借りますと

1年ほど早くなりましたが、見事予言通りの結果に。お見事です。

個人的にはサイアーラインがサンデーサイレンスの種牡馬を介するよりも、母系にSSを取り込んだ種牡馬によるクロスの方が結果が出るのではないかと考えております。既に父系として能力が発露しているよりは、母系で活力としてある方が良いのでは、という印象があるだけで明確な根拠はないんですけどね。

エピファネイア×キングカメハメハ+α

父エピファネイア×母父キングカメハメハの組み合わせは3歳世代の出走済み12頭中7頭が勝ち上がり、牝馬に限定しますと7頭中6頭が勝ち上がりで桜花賞馬デアリングタクトと京成杯2着のスカイグルーヴという抜群の好配合といえます。母母父サンデーサイレンスに限定すれば6頭中5頭勝ち上がり、『母が Danzigの血を持つ』まで限定するとデアリングタクトとヒバリ(5戦1勝、500万下2着)の2頭に。かなり条件を絞ってますので、1歳馬で当てはまるのはデアリングタクトの全妹のみなので拡大解釈して『母がNorthern Dancer のクロスを持つ』と条件を変えてみます。何故?と思うでしょうけど、デアリングタクトの母デアリングバードが該当し『3/4Northern Dancer 1/4サンデーサイレンス 』 の配合形になり、子供の代でも 『3/4Northern Dancer 1/4非 Northern Dancer』 になるからです。

注目の一歳馬

アンシャンテ 牝 栗東:寺島厩舎 バレークイーン牝系

シャンボールフィズの2018  牝 母母はマンハッタンカフェの全妹

マオノジーナス 牝 デアリングタクトの全妹

ロジネイア 牝 美浦:古賀厩舎 母母フサイチパンドラ

Sadler's Wellsのクロスが少し気になりますけど、名牝系の出身ですし、個人的にはアンシャンテはかなり面白いと思います。ロジネイアもハマったときは爆発力ありそうですね。今後の情報次第で指名リストに入れたいと思います。



-重賞回顧
-,

Copyright© POG GRAND PRIX , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.