週報

週報:2018-19・1月第4週

投稿日:

今週の勝ち馬

バランシーン氏指名のカントルは1/27の東京9R・セントポーリア賞( 3歳500万下・芝1800m)に出走し優勝しました。まずまずのスタートから道中は逃げ馬から離れた三番手を追走。4コーナーで前との差を詰めると直線で追われ、残り200mで先頭に立つとそのまま押し切り人気に応えました。次走は3/3の中山・弥生賞(皐月賞トライアル・GⅡ・芝2000m)に向かう模様です。 

あるど氏指名のセリユーズは1/26の東京6R・3歳未勝利(芝1800m)に出走し優勝しました。まずまずのスタートから道中は先団を追走。4コーナーから進出し直線で追われると力強く伸びて先頭を交わすと、そのまま差を広げてゴールしました。レース後に放牧に出ているため次走は不明ながら短期で戻る可能性もあるようです。

注目のレース

がくじん氏指名のルガールカルムは1/26の東京10R・クロッカスステークス(3歳リステッド・芝1400m)に出走し2着でした。スタートが一息で道中は広報を追走。そのまま4コーナーを回り直線で追われると、メンバー中最速の上がりの脚を使って外から鋭く伸びましたが勝ち馬に3/4馬身届きませんでした。レース後に放牧に出ていますが、3/10の中山・アネモネステークス(桜花賞トライアル・3歳リステッド・芝1600m)での出走を視野に入れているようです。



-週報
-,

Copyright© POG GRAND PRIX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.